share者メモ

自分のすきなものをすきになってもらいたいです

「おっぱい」を表現するうえで最も恥ずかしくない言い方とは?

 

 どうも、なををををををです。久々の記事ですね。急に思いついたので

 

「『おっぱい』を表現するうえで最も恥ずかしくない言い方が何か」

 

について書いていきたいと思います。とりあえず閉じるのは僕の言い分を聞いてからにしてください。

 

 

 まず、みなさんは子供の頃こういう体験をしたことが無いでしょうか。

 

 

友達「なぁなぁお前さ、『いっぱい』の『い』を『お』に変えて言ってみろよ!」

 

自分「えぇ…?なんで?恥ずかしいよ、いやだよ」

 

友達「やれ、しばくぞ」

 

自分「ヒエ……お、おっぱい…

 

友達「ブッブ~~~~~~~!!!!!正解は『おっぱお』でした~~~~~~~~~~~!!!!このドスケベ~~~~~!!!!!はっずかし~~~~!!!!」

 

自分「う、うえええ~~~ん!!」

 

 

 これです。この小学生ウザ絡み四天王の一角(他には「ねーちゃんと風呂入ってる?」など)。このウザ絡みがなぜ存在するのかというと、「おっぱい」と口に出して言うことが恥ずかしいからに他ありません。

 

 恥ずかしいんですよ!!「おっぱい」って言うの!!なんなら書くのも恥ずかしいです。顔まっかっかでこのブログを書いています。しかし辛いことに、日常会話で女性の胸部にある外性器の名称を口に出して言わなければならない場面はあります(ほんとか?)。

 

 なので!今回は冒頭にも書いた通り、「おっぱい」の恥ずかしくない言い方を考えていきます。やり方はこちらで用意した「おっぱい」の代替語候補をひとつずつ検証していくという形で行います。

 

 あと一応言っておきますが別に危急で考えなければいけない案件があるわけでもないので、まあ話のタネ程度になればいいやという考えで書いていきますね。そこまで僕はおっぱいに真剣になれない。

 

 ※なお、実際に「おっぱい」と発言するシチュエーションを考慮して、以下の代替語候補たちの発言シチュエーションはすべて猥談の中」であることを前提にします。

 

 

第一候補「胸」

 

 これは無いです。猥談中に急に「俺、好きなんだよね」とか言い出したら最後、

 

「もしかしてこいつ、こんな話をしている中でも己の潔白さを保とうとわざと堅苦しい言い方に逃げているのか…??」

 

と疑われ、周囲からの信頼を失ってしまいます。その繕おうとしている感が逆に恥ずかしい。いかにおっぱいへの情熱を語ろうとも無念に終わるでしょう。同様の理由で「胸部」も無し。

 

 

第二候補「乳(ちち)」

 

 いやオッサンかって。そもそも言いにくい、とか巨乳しか想像できない、という問題は主旨と外れるので置いておくとして、セクハラ親父の選ぶワードのイメージがついててダサいせいで別の恥ずかしさが付加されるんですよね。敢えてそのダサさを見せることで笑いをとろうというシーンでならいいですけど、「乳(ちち)」って。「おっぱい」より恥ずかしいかもしれない。たとえ武器を持った強盗から「乳(ちち)が好きだと大声で叫べ!」と脅迫されたとしても僕は「それ、おっぱいじゃダメですか?」って言うと思います。強盗もハッとするでしょう、その恥ずかしさに…

 

 

第三候補「乳房(ちぶさ)」

 

 多分知り合いが猥談中におっぱいのことを「乳房(ちぶさ)」って言いだしたら普通に怖くなります。想像してみてください、

 

「俺はこの子の尻が好きかな~」

「「いいね!」」

 

「う~ん、俺はこの子の脚かな!綺麗だし!」

「「わかる~」」

 

「僕はこの子の乳房(ちぶさ)がすき」

「「なんだこいつ!??!??」」

 

ってなる。何かおっぱいに関して尋常じゃなくねちっこい“こだわり”を持っている奴みたいに見られちゃいますよ。僕はこれすごく恥ずかしいと思います。ふざけた調子じゃないと言えません。

 

 

第四候補「パイパイ」

 

 ふざけんなよ。完全に幼児語です。ていうか赤ちゃんプレイでもおっぱいって言うわ。恥ずかしすぎて普通言えません。猥談中に「パイパイしゅき~♡」って言いだす奴がいたらそいつはもう色々終わってます。高尚な論議は望めません、野に還してあげましょう。

 

 

第五候補「ボイン」

 

 こ~~~~れは…どうでしょう?結構迷います。というのも、アメリカンジョーク的なシブい言い回しと、猥談の中でも普通にお出しできる健康的ゲスさもちゃんと兼ね揃えているのですが、いかんせん音がダサい。音が恥ずかしい。これだけなんとかならないんでしょうか。今からでも「ギュイン」「ギイン」とかになりませんか?

 

 

第六候補「双丘」

 

 文学表現です、これは。かっこいい響きなんですが、普段からそういう小説なりを読んでる奴にしか話が通じないので、そうじゃない相手に対しては一旦説明パートを挟む必要性があるんですよね。以下の通りです。

 

「このピンと高く聳え立つ双丘の美しさと言ったらないね…」ウットリ

 

「は?そうきゅ…なんて?送球?」

 

「いや、その、そ、双丘…」

 

「なにそれ?わからん、何?人名?誰?」

 

「そうきゅ…」

 

「わかんねーよ~、何なんだよハッキリ言えよ~」

「うるせえ!!!!!!おっぱいだよ!!!!!!!!!!!クソ!!!!!!!!」

 

 最悪です。難しいワードはこういういらぬ恥を食らう危険性がある。

 

 

まとめ

 さて、ここまで様々な候補を挙げてきましたが、如何だったでしょうか。個人的な結論を出すとすれば、もう「おっぱい」でよくない?というのが正直なところです。この記事のここまでで一体何回「おっぱい」って書いたと思います?タイトル含め16回。慣れが出ちゃった。

 

 というのはもう僕の記事の中だけの話なので置いておくとして、「おっぱい」がやっぱりスタンダードなんだと思います。商品名に「おっぱい」って普通に書いてるジョークグッズやご当地のお菓子なんかもありふれてますし、逆に変に気を使ってない感があって他の単語より恥ずかしくないのかもしれませんね。

 

 少量の恥は耐えるべしということで今回の見事な企画倒れのコーナーでした。また見てね、パイパ~イ!いっけね間違えちった!バイバ~~~イ!!!!!

 

 

最近コナンに触れてなかったけど「名探偵コナン ゼロの執行人」を見た

 「コナン映画見たら安室の女にされた」「安室を100億の男に」

 

 

 だいたいこんな感じのツイートがやたら流れてくるようになった。それがまたえらい長い期間断続的に流れてくるものだからガルパン最終章公開直後の安藤押田ムーブに似てるな…これはきっとオタクの心を突き動かす凄い映画なのだろうな、と興味を持ってコナン映画を見る運びとなった。

 

 

 で、ここで問題が。

 

 僕は最近のコナンがどうなってるのかまったく知らない。いや、僕の知らないキャラが増えてるのはわかるけど、誰が敵で誰が味方なんだっけ?だれがどの格闘技使うんだっけ?みたいな有様。つまり今回の映画でスポットが当てられていたキャラ、安室透のこともほとんど知らなかった。なんか怪しいあんちゃんだな~くらいにしか。というか劇場版コナンは水平線上の陰謀以来ちゃんと見てない気がする…

 

 そんなわけで不安を抱えつつも劇場へ。

 

 (ここから多少ネタバレしますが事件の謎とか犯人とかの重大な内容のネタバレは行いません)

 

続きを読む

なををををををVS父親 ~ハトの鳴き声は「どぅどぅっどぅーどぅどぅー」か「どぅーどぅどぅっどぅどぅー」か~

 

 どうも、なををををををです。突然ですが、みなさんは親と喧嘩したこと…ありますか?いくら実の親といえども「コイツとは分かり合えねえ…!」と思った時は争いが生まれるのが人間の性というもの。殴り合いに発展したこともあるよ、って人もいるかもしれませんね。

 

 僕は妖怪貧弱モヤシ男なのでそもそも闘争心というものがもともと薄いです。肉体言語バトルだと絶対負ける自信がある。

 

 でも。

 

 それでも!!!!

 

 

 闘(や)らなきゃいけない時があったんですよ……!

 

 

「だからな!?ハトの鳴き声は『どぅどぅっどぅーどぅどぅー』だっつってんじゃん!!!」

父「いや、『どぅーどぅどぅっどぅどぅー』やろ、アホちゃう?」

 

 そう、ハトの鳴き声が「どぅどぅっどぅーどぅどぅー」か「どぅーどぅどぅっどぅどぅー」かで死ぬほど揉めたのです。

 

 これは参考に拾ってきた動画。

www.youtube.com

 

 どう考えても「どぅどぅっどぅーどぅどぅー」という一つのフレーズを延々ループしてる、というのが僕の主張でした。対する僕の父親は「どぅーどぅどぅっどぅどぅー」のフレーズがループしている、との主張でした。僕はその当時ハトの鳴き真似を持ちネタにしていたのでその領域を否定されたようで譲れなかったんです、どうしても…!(♪コナンの事件解決時に流れるBGM)

 

 喧嘩の続きです。

 

僕「『どぅどぅっどぅーどぅどぅー』だって、ハトとちゃんと向き合ってくれよ」

父「いや俺はハトの鳴き声なんぞどうだっていいんやけどな、お前が間違った知識を身につけてるのがアカンと思って言ってやってんねんて」

「は???????なんでハトの鳴き声についてそんな程度の考えの奴がハトの鳴き声の正誤を判断できるん???真面目にやれよ」

「は??そんならナイトスクープ(朝日放送の番組。関西人の心のオアシス兼なんでも相談所)に投稿して調べるか?」

 

 

以後喧々諤々の議論(どっちも根拠なく主張を続けただけ)の末、特に何も得ないままこの話は終わりました。決着もついてないしナイトスクープにも投稿してない。両方決着がついて自分が否定されることを恐れたチキンだったってことですよ…

 

それでは。

第一回「尊い」サミット 「尊い」とは

 

 

どうして私が美術科に!? 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

どうして私が美術科に!? 2巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 どうも、なををををををです。4コマ界の新星、「どうして私が美術科に!?」の2巻発売が迫る4月中旬、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。あらゆる紹介文で「尊い」というワードの用いられるこの作品のことが好きなオタクが、近年オタクの間でよく使用されている「尊い」とはどういう感情か考えてみる、というのが今回の記事の趣旨です。

 

 この記事を書くまでの経緯↓

 

 

x10ccandy.hatenadiary.com

 

 

 「よし…俺もやるか…」

 

 

 以上です。本題イクゾー。

 

 

 自分は尊い」という感情は基本的には「すごい!」とか「好き!」という感情と同じ地帯にあるものだと思っています。しかし当然、それは「すごい!」「好き!」とどう違うんだろう?という考えに行きつきます。考えた際に、尊い」には「対象に深く立ち入ろうとしない」というニュアンスが含まれているのではないか?と感じました。

 

 

 もともと「尊い」ということばは、「高貴な身分」だとか「貴重」という意味のことばです。「尊い」には「貴い」という漢字違いの表記もあります。そして貴重なもの、高貴なものとは触れがたいものです。

 

 高価な陶器などでイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。奇跡のような美しさを放つ陶器が目の前にあったとき、それに触りたいと思うでしょうか?僕だったら、「もし自分が触っただけで何かを汚してしまったら、壊してしまったら取り返しがつかないことだぞ」と怖くなって絶対に触ろうとしないでしょう。

 

 そういう「へたに触れて壊してはいけない」、「大事にしたい」と思う感情がすなわち「尊さ」の根源なのではないか?と考えました。「すごい!」「好き!」では感情としての勢いが強すぎて触れるどころかバンバン叩きに行くような感じがします(もちろん、これらの感情が悪いという話ではありません、むしろこっちも大事だと思う)。

 

 

 さらに言うと、この「壊したくない」に「でも好きだとは伝えたい、自分がこれを好きであることを周りに知ってほしい」という意思表示がくっついた、ギリギリの力加減で行われる愛情表現がまさしく「尊い」なのだと僕は思います。「好き…」とかそんなのでも意味は一緒です。

 

 

 先に引用した千歳とせさんの記事にもあるように、「どうして私が美術科に!?」は「時間」という概念がちょくちょく使われています(課題の〆切や待ち合わせ、高校生活の残り時間など)。

 

 言うまでもなく時間とは貴重なもので、こういうところが「どうして私が美術科に!?」の刹那的な青春の輝き、「尊さ」の演出に一役買っているのではないかな?とか、そんなことを考えてみたところまでで今回の記事を締めたいと思います。

 

 

 貴重な時間を割いてこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

「ゆるキャン△」放送期間中、毎週カレー麺を食べたログ

 

 どうもみなさんこんにちは。なををををををです。最近寒いな~と思ったら急にあったかい日がやってきて桜が咲いたりしてて意味わかんないですよね。多分入学シーズンには桜散ってますよ。

 

 

 そしてこの季節の移り変わり、僕たちオタクにとっては冬アニメの終わりを告げるサインでもあります。皆さんはどんな作品を見ていましたか?いろいろありましたよね、冬アニメ。話題性抜群の「ポプテピピック」、胸をかきむしりたくなるような青春の波動「からかい上手の高木さん」、毎回神回のやべーやつ「宇宙よりも遠い場所」…

 

 

 そんな中でもとても話題になっていたのがゆるキャン△。女の子たちとキャンプを描いた作品です。そう、女の子だけを映しているわけでもキャンプだけを映しているわけでもなく、両要素の魅力をしっかり発揮していた作品です。関係性百合妄想オタクの需要も満たしています。なでリンいいよね…いい…

 

 

 またこのアニメは背景やメシの描写が実に丁寧で、「実際に体験してみたくなる」シーンが非常に多かったのもポイントです。僕は実際にキャンプに行くまでには至りませんでしたが、知り合いのオタクがひっそりキャンプに行ってたらしいです。つええ。

 そして特に視聴者の心を掴んだであろうシーンが第1話で主人公、各務原なでしこがカレーめんを食べるシーン!深夜になんてものを流すんだと思いました。もう絶対みんな思ったでしょ、

 

 

カレーラーメン食いたい…」と!

 

 

 

 

 食いました。原作も買いました。まんぞく…

 

 ここで僕はひとつの誓いを立てました。

 

 

 ゆるキャン△」の放送期間中、毎週1回以上は必ずカレーラーメンを食べるぞ!と…

 

 

 …なんで?正気か?まったく話が繋がってないですね。でもやりましたよ、実際に。いやほんとになんでだよ。というわけでここからはそのカレー麺生活のレポです。前置きが長いな…

 ではどうぞ。

 

 

●1週目

 

 日清のカレーヌードル。まずどこのコンビニに行っても置いてあるでしょう。塩おにぎりと一緒に買いました。安定した旨さがありますよね。ちなみに上記のツイートの通り2回食いました。健康事情はガバガバ

 

●2週目

 

 再び日清。奮発してローソンで生たらこのちょい高いおにぎりを買って食べました。おにぎりが旨すぎてビビった。カレー麺に注ぐ湯の量をちょっと少なめにしてドロドロ感を上げるという小技を得た。

 

●3週目

 

 三度日清。日清に対する信頼感がすごい。なお今回はスライスチーズを入れてみた。とろみが出てめっちゃ旨かった。とろみを感じてオギャってしまった…やはりチーズは最強

 

●4週目

 

 この週はエースコックのまる旨カレーうどん。なんでうどん食ってんの?追体験できてないじゃん。とはいえ旨かった。まさかカレーが粉末じゃなくて固形ルーの形で入ってるとは思わなかったけど。日清がスタンダードになりすぎていた…

 

●5週目

 

 日清に戻る。ぶっちゃけカレー麺を探すと基本日清に行きつく。探してみると意外とないもんですね、カレー麺…

 

●6週目

 

 日清。

 

●7週目

 

 

●8週目

 

 日清(ミルクシーフードヌードル)

 カレー麺じゃないし。もう企画倒れですよ。まあこの時点では誰が見てるわけでもなかったので立ってすらなかった企画なんですけどね。立ってもないのに勝手に一人で倒れてるの器用だな…

 

●9週目

 

 本気盛(マジモリ)豚味噌カレー

 

 字面がすごい。言うほどカレーっぽくなかったけど濃くて旨かった。

 

●10週目

 

 本気盛(マジモリ)豚味噌カレー

 2週連続で食うものではないと感じた。食うたび「くはぁ」と声が漏れる油感。はまるとデブまっしぐらでしょう。どのラーメンでもそうだよ

 

●11週目

 

 CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピングを食べた。

 名前のわりにあっさりめだった。マジモリのせいで基準が破壊されていた説はある。あと予想より多めにチキンが入ってて興奮しました。

 

●12週目

 

 日清。日清の回し者ではないです。信じてくれ。

 

 

 というわけで「ゆるキャン△」放送期間中、毎週カレー麺を食べたログでした。決して日清に精神を乗っ取られたレポートとかではない。まとめとしては、いかに偏った食生活でも毎週食いながらなでしこの笑顔を思い出して幸せな気持ちになれたので追体験はいいぞ、という話でした。でも一番うまかったのは焼き肉まんです。それでは。

 

 

「りゅうおうのおしごと!」を7巻まで読んだ最高の週末(ネタバレ要素は多分ないです)

 

 

 あけましておめでとうございます(激遅)。今年に入って初の更新となります。本当ならこの記事の前に、別のとある作品について紹介する記事を先に書こうと思っていました。それを新年初の記事としたかったのですが、その記事の執筆中に読み始めた「りゅうおうのおしごと!」についての記事を優先することにしました。

 

 理由は単純、「熱が冷めないうちに書きたかったから」です。

 

 僕はこの作品をアニメから興味を持って読み始めたのですが、1巻と2巻を買ったのが2/8(木)で、3巻から7巻までを買ったのが2/9(金)です。そして7巻まで読み切ってこの記事を書いているのが2/10(土)。昨日は読んでいる手を止めたくなくて、目の疲労や眠気が憎く感じました。それくらい熱い!熱いんです!

 

 読後もまだ残っているこの熱が冷めてしまったらもったいない、と強く感じ、今この記事を書いています。そんな気の逸りゆえこの記事はまともな紹介の体を為さないかもしれないのですが、ご了承ください。今までの記事がまともな紹介だったかどうかはしりません。

 

続きを読む

「新婚のいろはさん」1巻感想 ~これを読んだ日をいい夫婦の日に制定します~

 

 どうもこんにちは、なををををををです。2週間に渡って咳が止まらない症状が続き(薬も効かず)まともに喋ることができないんですが、大丈夫ですかね?死なない?

 

 

 さて、今回紹介するのはOYSTER先生による「新婚のいろはさん」の1巻。月刊まんがタウンにて連載中の4コマ漫画です。

 OYSTER先生の漫画は以前から気になっており(「光の大社員」の試し読みでうわー面白い!と感じた記憶がある)、機会があれば何か読みたい、と思っていました。

 そんなところに新作の第1巻がつい最近出た、との情報を4コマオブザイヤーで目にしたため、いい機会じゃん!と買ってきました。

続きを読む